彼女との性行為中に中折れしてしまった経験はありませんか?中折れしてしまうと相手と気まずい雰囲気になってしまうだけでなく、相手に魅力がないのかと不安にさせてしまいます。そんな中折れの原因と治療方法をしっかり学んで、気まずい雰囲気を吹き飛ばしましょう!治療方法は一つじゃないので、自分に合った方法を試してみましょう。

考える女性と薬
  • ホーム
  • シアリスの効果と正しい服用方法

シアリスの効果と正しい服用方法

色んな薬

シアリスには中折れを防ぐ効果があります。
有効成分のタダラフィルは持続時間が長く、最大36時間にわたって効果が続きます。
中折れとは性行為の際にペニスを十分勃起させることができない症状のことです。
シアリスを服用すれば体に大きな負担をかけずにペニスを勃起させることができます。
タダラフィルには血管を拡張して血流を促進する効果があります。血流が促進されて海綿体に血液が流入するとペニスが勃起します。
シアリスは遅効性なため、ゆっくりと自然にペニスが勃起するようになります。

タダラフィルはブロック状の分子構造を持っており、体内でゆっくりと吸収されます。
効果の現れ方が緩やかなため、副作用を発症しにくいのが特徴です。
シアリスには5mgと10mg、20mgがあり、病院では主に10mgか20mgを使用して中折れの治療を行います。
5mgは効果が弱いためあまり使用されていません。

価格は10mgが1錠あたり約1700円で、20mgは約1800円とされます。薬代の他に診察料や処方せん料なども必要です。
効果の持続時間は10mgが20時間から24時間で、20mgは30時間から36時間とされます。

シアリスは持続時間が長いので、一定期間内に何度も服用する必要がありません。
20mgの錠剤は最大36時間にわたって効果が持続します。
シアリスの効果は長時間にわたって緩やかに現れるので、副作用も発症しにくくなります。

実際に副作用を発症するのは、服用した患者の3割ほどです。
副作用にはめまいや頭痛、ほてり、紅潮、鼻づまり、消化不良、背部痛、筋痛、四肢痛などがあります。
これらの副作用は発症しても基本的に症状が軽いので、問題なく中折れの治療ができます。

シアリスは副作用を発症しにくく、体への負担が少ないED治療薬です。
ただし併用が禁止される医薬品を一緒に服用すると、副作用が重くなるので注意が必要です。
また脳や心臓などに重い障害がある場合も服用できません。健康上の問題がある場合には、医師に相談する必要があります。

シアリスの服用方法と服用時の注意点

シアリスは中折れを防ぐ効果があり最大36時間も続くため人気があります。
ですが、正しい服用方法と服用時の注意点を知っておかないと効果が弱くなったり強くなったりしてしまいます。
効果が弱くなってしまうと持続時間が短くなり、性行為を楽しめなくなる可能性があるのでよくありません。
効果が強くなっても副作用の症状が強くなるだけなので、わざと効果を強くしようと間違った服用方法で飲むのはやめましょう。
せっかく高い価格のものを購入したのなら正しく服用するべきです。

シアリスは遅効薬のため、性行為の3時間前に飲むのがベストなタイミングです。
続けて飲む場合でも24時間は間隔を空けないといけません。
食事の影響は受けにくいですが、効果を発揮したい人は空腹時に飲みましょう。
高カロリーの食事をしない限りは食後に飲んでも効果は発揮されますが、空腹時と比較すると効果は弱くなってしまいします。
シアリスを飲んだ後に食事をしたい場合は、最低でも30分は間隔を空けましょう。

シアリスを服用する時はグレープフルーツやグレープフルーツジュースと併用してはいけません。
グレープフルーツに含まれているフラノクマリンという成分によってシアリスの効果が強くなってしまう可能性があります。

アルコールはシアリスに大きな影響を与えることはありませんが、少量や適量に抑えることが大切です。
アルコールは神経伝達を鈍らせてしまうため、アルコールを多量に飲んでしまうと性的な刺激が伝達されにくくなります。
そのため、シアリスを服用しても正常に勃起できなくなる可能性があるので注意が必要です。

正しい服用方法と服用時の注意点を守ればシアリスの効果は発揮されるので心配ありません。