彼女との性行為中に中折れしてしまった経験はありませんか?中折れしてしまうと相手と気まずい雰囲気になってしまうだけでなく、相手に魅力がないのかと不安にさせてしまいます。そんな中折れの原因と治療方法をしっかり学んで、気まずい雰囲気を吹き飛ばしましょう!治療方法は一つじゃないので、自分に合った方法を試してみましょう。

考える女性と薬
  • ホーム
  • 中折れの症状はED治療薬のバイアグラで治そう

中折れの症状はED治療薬のバイアグラで治そう

たくさんの薬

EDは完全な勃起不全のほか性行為中にペニスの勃起が治まってしまう中折れと呼ばれる症状もEDとされます。
中折れそのものはそれほど珍しいものではなく40代以降の男性によく見られる症状であり、歳のせいとして諦める人も多くいます。
しかし、中折れが原因で満足行く性行為ができなくなることもあり、それらがセックスレスにつながることもあるなど、場合によってはパートナーとの関係が悪くなる場合もあるなど深刻な問題に発展する可能性があるものです。

中折れの症状を感じた場合には、さまざまな方法で改善をすることができますが、もっとも確実な方法はED治療薬のバイアグラを利用することです。
中折れの原因としてはペニスに流れ込む血液量が減ることですが、加齢による場合には血管が硬くなったり糖尿病や生活習慣によって神経障害が起こることです。
そもそもペニスが勃起している間はペニスの勃起を鎮めようという酵素が働き、そのバランスを保っていますが、中折れはこの勃起を鎮めようとする酵素が優位になることで起こってしまいます。
バイアグラの作用としてはこの勃起を鎮めようとする酵素の働きを阻害するので、中折れにくい状態にする効果を得ることができます。

バイアグラは国内でも手に入れる場合にはクリニックで処方してもらうことができますが、費用は全額自己負担で行う必要があります。
価格が高いのがバイアグラのネックですが確実な効果を得られる薬です。
服用は性行為の1時間前程度ですが食事の影響を受けやすいので注意が必要になります。

効果は5時間から6時間程度持続するので食前に服用するという方法もあります。
ED治療では有効成分のシルデナフィルが50mgのものが処方されますが、中折れなど軽症のEDの場合には25mgでも十分な効果を発揮します。
一方で心配される副作用ですが、クリニックであれば事前の問診で問題の有無が調べられるので用法用量を守れば安心して中折れ防止にバイアグラを使うことができます。

バイアグラの副作用は?

このようにEDや中折れに高い効果を発揮するバイアグラですが、医薬品であるため幾つかの副作用もあります。
副作用が起こる原因ですが、バイアグラは血管を拡張して体全体の血液の流れを良くすることで中折れを改善します。
このためペニス以外にも大量に血液が流れることで充血が起こり副作用を誘発するのです。

バイアグラ服用による主な副作用の症例には、めまい、顔の火照り、頭痛が多く報告されています。
どの症状も一時的なものなので、薬の効果が切れたら自然と元に戻ります。

但し副作用の症状が顕著でセックスに集中できない場合は、何らかの対策が必要です。
クリニックで処方されて購入した場合はクリニックの医師と相談して下さい。
有効成分のシルデナフィルの含有量の少ないものを処方してくれたり服用方法の仕方をアドバイスしてくれます。

独力で改善したい場合、頭痛ならば市販の鎮痛剤を併用して服用すると良いでしょう。
痛みが和らぎ安心してセックスに取り組めます。
服用の仕方は、バイアグラとは異なり、空腹時に飲むと胃痛を起こす可能性があるため食後に飲むことがおすすめです。

また稀にではありますが持続勃起障害を発症する場合もあります。
これはバイアグラの勃起の持続時間の目安の4時間を大幅に超えて勃起が継続する症状です。
長時間ペニス以外に血液が流れて動脈が破裂し、海綿体が血液を吸収して勃起が収まらなくなるためで、早めにクリニックへ行き受診して下さい。

セックスで服用する前に、これらの副作用が出る問題がないか事前に確認することが大切です。
バイアグラをピルカッターで切断して少量ずつ服用して確かめましょう。
副作用が気にならない服用量がわかったら、以後はその量を守って服用して下さい。